場のトビラ 石井秀和

トビラ株式会社 代表取締役

 

1975年11月 生まれ育ち共に川崎市中原区。家業は不動産賃貸業。

大学卒業後IT企業に就職、24歳で家業に戻り約350世帯を自主管理。

現在は武蔵新城を中心に展開するセシーズイシイマンションシリーズを管理する。

賃貸マンション共用部をまちにひらいた”PASAR SHINJO”の開設をきっかけに

JR南武線 / 武蔵新城駅を中心としたエリアに「この街に住みたい」というひとを増やす為の仕組み作り、

情報発信やイベント企画など様々な活動を行う。

 

 

 

*講演実績*

 

2015年

8月

賃貸住宅フェア「街の魅力を賃貸住宅へ」

物件へ単体の付加価値提案ではなく、大家とまちの人が一体となった

まち自体の魅力づくりへ

2016年

2月

UP-DATE実行員会

CSアップで“賃貸”安定経営 すべてはみんなの笑顔のために!!

まちを好きな人を増やすイコールより良い賃貸経営とは

「地主」、「地域」を見つめたまちの魅力発信とは

3月

ジェクト株式会社主催「オーナー座談会」 

相続による事業承継後の挑戦

6月

賃貸住宅フェア「街を盛り上げ価値アップ!「地域交流」が成功に導く賃貸経営」

賃貸経営におけるCSとは?「地理的満足感」「物理的満足感」さらに「精神的満足感」を高める大切さ

9月

LR小川会計主催セミナー 相続人の賃貸経営 ~事業継承後の挑戦~

相続による事業承継後の挑戦

2017年

2月

ノベーションまちづくり@東急池上線 「共感」が連鎖していく――不動産オーナー目線で考えるまちづくり

人と人をつなぎ、エリアの価値を上げていくこと。入居者と地域をつなぎ、街全体の魅力を高める取り組みについて

6月

大牟田 街中ストリートデザイン事業報告会

大家の一歩がまちを変える!?まちの魅力を高める取り組み事例から学ぶ

7月

株式会社エヌアセット主催セミナー 大家が語る!「住みたいまち」をつくる理由

これからの大家が目指すべき「自分の”まち”を住みたい”まち”に」について

10月

草加市リノベーションまちづくり PASAR SHINJOの存在意義

PASAR SHINJOの存在意義。物件単体のバリューアップではなく近隣地域を含めたバリューアップを目指している。

11月

UDC2まちづくりスクール主催『街を使おう!街で過ごそう!』 住みたい”まち”をつくる理由

民間所有の場を地域に開く。「まちの価値をあげる」

2018年

4月

かながわ福祉居住推進機構主催 福祉居住フォーラム ”武蔵新城”に”住みたいひと”を増やす

まちの価値向上の目的は”住みたいひと”を増やすこと。住人や飲食店と協力して魅力のあるまちづくりをしていく。

 

©  All Rights Reserved.
PAGE TOP